経済不安に備えた中国

- Nov 21, 2016 -

中央銀行の関係者は、中国が景気や為替変動の影響を受けやすく、不透明感に対処できるとの見通しを示した。

中国の金融政策に精通しているアナリストたちは、恒常的な落ち込みにもかかわらず、来年には大幅に下落する可能性は低いと述べた。

China prepared for economic uncertainties

 

「中国は、将来の不確実性がある場合のために、為替相場制度の改革を含むいくつかのマクロ経済政策の調整を行った」と、中央銀行の中国人民銀行の財務安定局副局長である黄暁龍は述べた。

同氏は、中国が人民元の弾力性と柔軟性を向上させるために為替制度の改革を行ったことを経済フォーラムに伝え、内外の経済変化による不確実性に対処できるようにした。

市況に応じて中央銀行が決めた人民元の中央均衡率は、中国外国為替取引システムによると、通貨が下落した10日後の木曜日に米ドルに対して6.87へと100ベーシスポイント低下した。 2008年6月中旬以来の最低水準です。

中央金融研究所の元財務長官であるヤオ・ユドン(Yao Yudong)は、同じフォーラムで、米ドル指数がピークに達している可能性があることから、米ドルに対する人民元の為替レートは継続的に下落しないと述べた。 "人民元の継続的な下落に賭けてはならない - それは不可能だ。"

清華大学のエコノミスト、中央銀行の金融政策委員会の元党員である李德圭(Li Daokui)は、人民元の米ドルに対する減価償却は来年5%を超えないと述べた。 「それは3%、あるいはそれ以下になる可能性がある」とLi氏は語った。

同氏は、国際金融市場における膨大な米ドル流動性を考慮すると、中国が市場の変化に基づいて人民元の為替相場を完全に変動させることは「自殺行為」になると付け加えた。

アナリストらは、政策立案者が人民元の強化を望んでいるならば、経済の構造改革を前進させることが最優先であるべきだと述べた。

北京大学の経済学者黄陽平(Huang Yiping)経済学者は、「人民元の下落は、米ドルの強化、国内企業と住民の資産ポートフォリオの多様化、中国経済の減速によるものである」と述べた。

中央銀行の金融政策委員会のメンバーである黄氏は、「元利償還の傾向を逆転させるためには、中国は構造改革の進展に頼るべきだ」と述べた。